Styrofoam Housing System

スタイロフォーム ハウジング システム



Voluntary Architects' Network(VAN) + Shigeru Ban Architects are planning to locally produce SHS(Styrofoam Housing Sytem), a panel-type housing that can be easily constructed.SHS is a housing system that can be easily assembled by non-skilled workers using lightweight panels with fiber reinforced plastic (FRP) wrapped around an extruded polystyrene foam insulation material called Styrofoam. We aim to offer this system with affordable prices by using materials that are less affected by the recent sharp rise in building material prices. In addition, the panel production will create employment opportunities by employing Ukrainian refugees at a local factory.
[Cooperation] Daiwa Lease Co., Ltd.

NPO 法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)+坂茂建築設計では、 将来のウクライナでの住宅需要を見据え、簡易に施工できるパネル型の住宅SHS(Styrofoam Housing Sytem)の生産を現地で計画しています。SHS は、スタイロフォームと呼ばれる押出発泡ポリスチレンの断熱材の外側に、繊維強化プラスチック(FRP = Firber Reinforeced Plastic) を巻いた軽量パネルを用いた専門の技術者でなくても簡単に組み立てができる住宅システムです。昨今の建築資材の高騰の影響を受けにくい分野の材料を用いることで手頃な価格での提供を目指します。また、パネルの制作にあたっては、現地工場でウクライナ難民を雇うことで雇用機会の創出を担います。
[協働] 大和リース株式会社

Voluntary Architects’ Network calls on your support in our relief.
Donations made to the following account below, are very much appreciated.
これらの活動に対して、皆様からの募金を受け付けております。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。






Poland

Team

---Hubert Trammer--- ------Jerzy Łątka------ ----Artur Jörgen----
--Daria Pawłosik--- ---Students of the Wroclaw University of Technology--- ------

2022年9月16日、ヴロツワフ工科大学の学生によりSHSモックアップのための準備が行われました。
Preparations for SHS mock-up were made by students of Wroclaw University of Technology starting on September 16th 2022


2022年9月27日ヴロツワフ工科大学が中心となってSHSのモックアップを建設しました。
SHS Mockup was built in Wrocław with the cooperation of the Wroclaw University of Technology on September 27, 2022





Ukraine

2022年9月26日、リビウ市長のAndriy Sadovyi(アンドリー・サドヴィー)氏と面会し、意見交換を行いました。
On September 26 2022, meeting with Andriy Sadovyi, Mayor of Lviv, to exchange opinions.





Mock-up

協働:大和リース株式会社 / With Daiwa Lease Co., Ltd.

2013年に大和リースと共同で繊維強化プラスチック(FRP)のパネルを構造材として使う組み立て式住宅を開発しました。
2013年4月9-10日、東京都港区のアークヒルズ・カラヤン広場でモックアップを展示しました。
We have developed an assembled house using fiber-reinforced plastic (FRP) panels as structural material in collaboration with Daiwa Lease Co., Ltd.
A mock-up was exhibited at ARK Hills Karajan Square in Tokyo on April 9-10, 2013.









Development




© 2022 Voluntary Architects Network All Rights Reserved