FURNITURE HOUSE 3 / 家具の家 No.3

Tokyo, Japan
1991

Photo: Hiroyuki Hirai

「家具の家NO.3」では建方をいっそう単純化するため、1列の連続した壁ではせん断に効く部分が両端だけであることを考慮し、両端の壁のみをホールダウンの金物で土台や梁と緊結し、間の壁のラグスクリューを省略している。2階からの眺望がすばらしく、ここでは家具をL字型に並べて残りの2面をすべて開口部としている。2層の家具構造の上に独立した折板屋根を架けた、ダブルルーフとし、その水平ブレースにより、2階のL字に配置した家具の変形を押さえている。
Learning from our experience with the single file continuous wall that could only withstand shear forces on the edge, we attempted to abbreviate the usage of rug-screws by using them between the two edges of the wall and by replacing the edge rug-screws with hold-down joints that bind the beam with the ground. To increase the capacity of insulation, we used the fact that the furniture was manufactured in a factory as an advantage and inserted foam urethane between the studs of the furniture’s interior.