WORKS - Unbuilt

ANTI-THIEF HOUSE- Puglia, Italy, 2004

空き巣よけの家

 

Frequent break-ins during off -season into vacant villas in the resort area of Puglia prompted the client to request a house with advanced security. Mimicking the mechanics of airport container cranes, the roof of the villa was designed to lower completely to the ground, making it impossible to enter when vacant. The glass shutters and furniture can be tucked neatly into the thickness of the roof.

リゾート地であるプーリアではオフシーズンになると空き巣に入られることが多く、クライアントからは特別なセキュリティーを求められた。そこで空港のコンテナ・リフトの仕組みと同じように、不在時には別荘の屋根を地面まで下ろし、侵入を不可能にするという防犯対策を提案した。このときガラスシャッターで構成された壁や家具などは屋根自体の厚みに収まるようになっている
 
   top back
SBA_Others_index