Claude Bernard Footbridge in Paris
パリ・クロード・ベルナール歩道橋

Paris, France / パリ、プランス
2012

北側スロープの様子/ View of North Slope.
映画館前 広場からの様子/ View from the Cinema Square.
南口エントランスの様子/ View of Sud Entrance.
立面図/ Elevation

This is a footbridge project crossing the ring road motorway surrounding the city of Paris. Redevelopment is currently conducted in the Northern Part of Paris and this pedestrian bridge is planned as a new transportation route between the redevelopment district and the city of Aubervilliers located in the north. By using wood which is the only recyclable material, this would be the world‘s first wooden footbridge over a highway. In order to make a comfortable journey although being on the harsh environmental conditions of the motorway, we are using Accoya which is excellent in sustainability. The acetylation of Accoya greatly increases its sustainability and this would make the world‘s most advanced solid wood. The sequence that leads to a “tunnel of trees” in accordance with the highway and through the wooden deck ramp covered with trees gives a sense of security in the midst of the hustle and bustle. People can gradually enjoy the flow of the traffic beneath.

パリ市を囲う環状高速道路の上に架かる歩道橋のプロジェクトである。現在パリ市北部では再開発が行われており、この歩道橋は再開発地区とその北に位置するオーベールヴィリエ市を結ぶ、市民の新たな交通経路として計画されている。 本プロジェクトでは唯一の再生可能な構造材料である「木」を使い、高速道路に架かる世界初の木造歩道橋となっている。耐久性に優れたAccoya(アコヤ)を使用することで、高速道路の上という厳しい環境条件下であっても木材のみの構造が可能になっている。アコヤとはアセチル化することで耐久性を飛躍的に高めた、世界最先端の無垢木材である。
樹木で覆われた木のデッキの斜路を通り抜けると高速道路に架かる「木のトンネル」に至るというシークエンスが意図されており、喧騒の中にあって木に包まれた安心感のある、緩やかな交通の流れを市民が享受出来るようになっている。