Cardboard Cathedral / 紙のカテドラル

Christchurch, New Zealand / クライストチャーチ、ニュージーランド
2013

The Cathedral collapsed by the shock of the earthquake / 地震で崩壊した旧聖堂

(c) Bridgit Anderson

(c) Bridgit Anderson
(c) Bridgit Anderson
(c) Bridgit Anderson
(c) Bridgit Anderson

The February 2011 Christchurch earthquake (magnitude 6.3) inflicted crippling damage on the Christchurch Cathedral which was the symbol of city. In response to this situation, we were asked to design new temporary cathedral. Paper tubes of the equal length and 20 ft containers form triangular shape. Since geometry is decided by plan and elevations of the original cathedral, there is a gradual change in each angle of paper tubes. This cathedral, which has a capacity of 700 people, can be used as an event space and a concert space. There was a media conference in Christchurch on 31st of July, 2011.

2011年2月22日に発生したM6.3のカンタベリー地震は、街のシンボル的存在であったクライストチャーチ大聖堂にも深刻な被害をもたらした。これを受け、新たな仮設のカテドラルを設計することとなった。 現地で調達可能な紙管とコンテナーを用いて三角形の断面を形成する。オリジナルの大聖堂の平面と立面のジオメトリーを受け継ぎ、同じ長さの紙管の角度を徐々に変化させている。700人収容可能で、教会としての機能の他に、多くのイベントやコンサートとしての使用も視野に入れている。 2011年7月31日に、同地にてプレス発表が行われた。