Madrid Paper Pavilion / マドリッド 紙のパビリオン

Madrid, Spain / マドリッド、スペイン
2013

Photo by Fernando Guerra

The pavilion is composed of a L-shape existing concrete wall, 6 paper tubes columns and a paper tubes truss roof sitting on top. The paper tubes are made of recycled paper and manufactured locally in Pina de Ebro (Zaragoza, Spain).
For educational purposes, architectural students participated in assembling the Paper tube trusses together with the contractor.

パビリオンは、L字型のコンクリート壁と6本の紙管の柱、そして紙管のトラス屋根で構成されている。再生紙で作られた紙管は、地元のピナ·デ·エブロ(サラゴサ、スペイン)で製作された。紙管のトラス屋根の組み立てには、建築学科の教育の一環として学生も参加し、コントラクターと共同でつくりあげた。