NEPAL PROJECT

ネパール地震への支援プロジェクト


[ Previous News ]



June 2015
Report by
Shigeru Ban

May 2015
First Visit









This system can be assembled by connecting modular wooden frames (3ft x 7ft or 90cm x 210cm) and infilling with rubble bricks. This simple construction method enables anyone to assemble the wooden frames very quickly and if a roof (a truss made of local paper tubes) is secured on top, and the wooden structure covered with a plastic sheet, people can immediately begin to inhabit the shelters. Afterwards, people can stack the rubble bricks inside the wooden frames and slowly complete the construction themselves. The first prototype is to be constructed by end of August.

モジュール化した木枠3ft x 7ft(90cm x 210cm)を連続させ、長手枠同士を間柱のように釘で固定し、その枠の中に倒壊したレンガを積んで壁を作り、必要な窓や扉を付けていく工法による、仮設とパーマネントを兼ねた住宅である。この工法であれば、素早く素人にでも木枠で外壁フレームを作ることができ、屋根(とりあえず現地製紙管によるトラス小屋組を提案)を乗せ、木枠に仮のシートでも張れば住み始めることができる。そして住人が徐々に木枠の中にレンガを積んで自分で工事を完成させればよい、というものである。最初のプロトタイプを8月中に完成させる予定である。

[ Contribution for Visualization ]


Calzada Visualization

[ Contribution to the Project ]


一般社団法人 海外建設協会(OCAJI)

TSP TAIYO Inc. / TSP太陽株式会社

ICTC Group

Saraf Foundation for Himalayan Traditions & Culture

The Taragaon Museum