Vin Sante + N House/ ヴァンサンテ+N邸

Tokyo, Japan / 東京都
2016

桜並木に面する木造3階建てのレストラン兼住宅。大断面の集成材の柱と梁をX,Y,Z軸方向に剛接合することにより、大きな開口部と無柱空間をつくり解放感のある空間にした。レストランのインテリアは木構造の現しに紙管を仕上げ材として使うことにより温かみのある空間を目指した。

This restaurant and residential building is a 3-storey wooden structure built along a walkway with cherry blossom trees. Columns and beams of large sectional laminated timber are rigidly joint in X,Y,Z direction, which enables to make wide openings and columnless space. For the restaurant interior, paper tubes add a sence of coziness to the wooden structure.