避難所用間仕切りシステム提供の活動報告1


[ Previous News ]



Report1
4/24


Report2
5/6


Report3
5/14


Report4
6/4


Report5
6/23


紙のハニカムベット








EN /日本語

NPOボランタリー・アーキテクト・ネットワーク(VAN)+慶応大学SFC坂茂研究室+熊本大学田中智之研究室は、4/23、24にかけて、避難所に紙管と布を用いた簡易間仕切りシステムの設営を行いました。

---4月23日(土)

---大分県 竹田市 ---竹田市総合社会福祉センター--- ---10ユニット
--- ---竹田市立城原小学校体育館 ---28ユニット
---熊本県 南阿蘇村 ---南阿蘇村立南阿蘇中学校 ---2ユニット

---4月24日(日)
---熊本県 熊本市-- ---熊本市立帯原西小学校体育館 ---60ユニット
- ---熊本市アスパル富合・富合雁回館 ---4ユニット
---熊本県 益城町 ---益城町総合体育館  ---2ユニット

1)--竹田市総合社会福祉センター 竹田市役所職員にも協力して頂き、センター内にて間仕切りを設置しました。
----広瀬勝貞大分県知事も訪問され、間仕切りの効果を体験して頂きました。

2)--竹田市立城原小学校 体育館内で授業を行う必要が生じたため、間仕切りシステムを使って、4つの教室を設置しました。

3)--南阿蘇中学校(旧長陽中学校) 見本モデルとして保育スペース、相談スペースの2ユニットを設置しました。

4)--帯山西小学校 熊本大学田中研究室や多くのボランティアの協力により体育館に60ユニットの間仕切りを設置しました。
----蒲島郁夫熊本県知事、大西一史熊本市長が訪問され、この間仕切りシステムを積極的に活用していくことで合意しました。

5)--アスパル富合・富合雁回館 更衣室、授乳室として4ユニット設置しました。

写真提供:熊本大学田中智之研究室
-

[協力]


熊本大学
大分建築士会有志
熊本建築関係者有志
その他ボランティア

[この活動に関する報道一覧]


  • 天井板崩落した体育館、改修終え避難者受け入れへ 益城2016年5月21日)

  • 日経アーキテクチャ 坂氏と意気投合、紙管間仕切りの支援を開始2016年4月28日)

  • 毎日新聞 熊本地震 「半個室」で安心 2016年4月25日)

  • 大分合同新聞 紙の間仕切り安心確保 竹田の避難所 (2016年4月24日)

  • 朝日新聞デジタル 大分)建築家の坂茂さん 避難所に「簡易個室」づくり (2016年4月24日)

  • 朝日新聞デジタル 熊本の避難所に布の仕切り 坂茂さん代表のNPOが設置 (2016年4月24日)

  • 大分合同新聞 建築家ら避難所に間仕切り設置 (2016年4月23日)


  • [協力企業]








    -
















    帝人フロンティア株式会社


    有限会社アゲイン


    小林当織物株式会社


    株式会社吉村仙松商店


    渡嘉毛織株式会社 


    株式会社カツクラ


    AIGジャパン・ホールディングス(株)


    桐生ボランティア協議会


    ケイテー・テクシーノ