ネパール地震/ クムジュン・スクール・プロジェクト
Khumjung Secondary School

Khumjung, Nepal / ネパール、クムジュン
2017






ネパールの標高3790mに位置するクムジュン・スクールは、エベレストに初登頂したエドモンド・ヒラリーによって創設されました。2015年4月に発生したネパール地震により学校も被害を受けたことから、同志社大学山岳部の支援により新たに1棟3教室を建設することになり、2017年3月に竣工しました。現地は、石積みによる工法が一般的ですが、以前より地震に強い教室にするため、日本で構造実験を行った木フレームを構造体として利用し、木フレームの中に現地の石を積んで壁を作る新しい構法を開発しました。

Situated at the elevation of 3790m in Nepal, Khumjung School was first built by Mt. Everest's first climber, Sir Edmund Hillary, in 1961. As the earthquake occured in April 2015 had also left Khumjung School with unsafe environment for the 300 students, Doshisha University Alpine Club initiated a project to replace 1 classroom building.

Stone walls are commonly seen throughout the region. To strengthen the walls to become earthquake-resistant, we have designed a wall unit, in which timber frame acts as main structure and locally found stones are stacked to provide enclosure. To ensure safety, we have conducted structural tests of this timber frame in Japan.

[竣工までのプロセス]


--01---プロジェクト概要/ Project Overview
--02---敷地視察/ Site Visit
--03---建物解体 / Demolition
--04---建設1 / Construction 1
--05---建設2 / Construction 2
--06---建設3 / Construction 3